スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

解雇によるうつ病

解雇にうつ病が関わっている事例も多くありますね。
なったことの無い人には、その苦しみが理解しにくい「うつ病」。
このうつ病になってしまったがために解雇を言い渡されるケースも少なくなく、それがトラブルに繋がるといった場合も多く報告されています。
うつ病は、人間の心身に大きな影響を与える恐ろしい病気です。
この病気にかかっている最中に解雇をされてしまうと、精神に大きなダメージを受け、ますますうつが酷くなってしまう場合もあります。
では、うつ病になってしまったら、絶対に解雇されなければならないのでしょうか。
うつ病の原因には、会社での仕事や人間関係が大きく関わっている場合もあります。
会社のせいで病気になったのに、解雇されてしまうというのはやりきれませんよね。

解雇の理由がうつ病で、しかもその原因が会社にあると裁判を起こし、認められたケースはいくつかある様です。
解雇された理由がうつ病、そしてその理由が会社によるものの場合、非常に多くの残業を押し付けられていたり、上司から暴言を受けていたりすることもある様です。
これらの事実が裁判で認められ、解雇が無効になったこともあります。
ですので、「うつ病の原因が会社にある」とはっきりしている場合は、解雇を言い渡されても諦めないことです。
おちろん、解雇を言い渡された本人だけでなく、家族など周囲の人間も協力しながら訴えていくことが必要になります。

解雇の理由がうつ病だった場合、相談先として挙げられるのが「NPO労働相談センター」という所です。
インターネットで検索してみると、実際に「うつで会社を休んでしまい、解雇された」という相談を受けていると書かれています。
また、「全労連」という所でも解雇について相談に乗ってくれる様ですね。
全国にある様ですので、「突然解雇されてしまった」という場合はこちらに相談してみてはいかがでしょうか。
うつ病になり解雇までされてしまったら、本当に辛いです。
しかしその様なことで悩んでいる人は、おそらくこの日本にたくさんいるでしょう。
不当な解雇を許さず、闘っていくことが大事ではないでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

最新記事
月別アーカイブ
PR
FC2ブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。