スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不当解雇

不当解雇という言葉を良く聞くようになりました。
この言葉を多く聞くようになったということは、それだけ世の中が不安定ということです。
悲しいことですが、会社の都合で突然解雇されてしまった、という話も良く聞きます。
今、日本は空前の不景気で、どんな企業も苦戦しています。
そんな中で、解雇の波がいつあなたを襲うか解りません。
あまり考えたくないことですが、ある日突然会社を辞めてくれと言われることもあります。
そんな時、解雇から自分を救うにはどうしたらいいのでしょうか。
自分だけでなく、周囲にいる家族を守るにはどうしたら良いのでしょうか。
そのためには、やはり「解雇」に対する知識をきちんと持っておくことが必要なのです。
世の中には、解雇事由を満たしていないのに懲戒処分を受けてしまうことだってあります。
その時解雇から闘うことができる様に、きちんと勉強していきましょう。
労働基準法とは、働く人たちを守るために定められている法律の事を言います。
この手続をきちんと踏んでいない解雇は、不当なものであると言えるでしょう。
では、不当な形で辞めさせられそうになったらどうしたら良いのでしょうか。
まず、不当解雇が通告されたら、会社の労働組合に助けを求めましょう。
人数が多ければ、同じく辞めさせられそうになっている人たちと一緒に闘えます。
もしくは、弁護士に不当解雇に相談してみると良いでしょう。

解雇が必要な状況でも、不当な形でのものは絶対に認めてはいけません。
人を辞めさせるには手順があり、そしてお金なども支払わなければなりません。
が、これらの手続を全く踏んでいない場合は不当解雇に該当する可能性があります。
残念ながら、「辞めて欲しい」と言われた時、この様な事実を知らずに頷いてしまい、結果として整理解雇の対象となってしまう人も多いのです。
そのまま辞めてしまうのは、絶対に勿体ないことです。
解雇に対して一人で闘うのは怖いかもしれませんが、専門家に相談すれば「どこが間違っているのか」を教えてくれますし、こういう時のために法律があります。
絶対、不当解雇に負けないで下さい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

最新記事
月別アーカイブ
PR
FC2ブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。